会長挨拶

在ニュージーランド、オークランド日本経済懇談会(二水会)のホームページにご訪問頂き、誠にありがとうございます。

 

今年度の二水会会長に選任されましたMitsiu & Co. NZ Ltd.の米田でございます

今年度の役員は小生を含め、土屋副会長(JUKEN New Zealand Limited)、今野商工部会長(Baker Tilly Staples Rodway Limited)、内海教育部会長(Champion Flour Milling)、太田同副会長(Secom Guardall New Zealand)、尾崎ゴルフ部会長(MARUHA (N.Z.) Corporation LTD)、山田会計(Deloitte)、清水Japan Day担当役員 (Mitsubishi New Zealand Ltd.、)、野澤事務局長(NZ Daisuki.com Company Ltd.)、の計9名で務めさせて頂いております。

当会はニュージーランド国オークランドに所在する日系企業・団体等を会員として、1972年に発足、以来、在NZ日本大使館、在オークランド日本総領事館のご支援のもと、日・ニュージーランド間の経済・貿易・文化親善交流を推進する活動を続けてきおります。 現在の会員企業・団体数は45社(2021年4月時点)に上り、食品・飲料・紙パルプ・住宅資材・自動車・運輸・金融・商社・コンサルタント等の幅広い分野の業種から構成されております。 当会の目的は、一、「所属会員及びその家族の相互の親睦及び共通の利益増進を図ること」、二、「日本とニュージーランドの一層の経済関係の進展と相互理解を推進すること」の二点であります。

また、日本政府より認可された在外教育施設である「オークランド日本語補習学校」の理事会の一端を担い、当地でより質の高い子女教育がなされる一助となるべく、その運営に携わり資金援助を行っています。

昨年は、世界をコロナウイルスが席巻する中、ニュージーランドは世界に先駆けて国内でのコロナの封じ込めに成功しました。これは、様々な厳しい環境にありながらも一丸となり勝ち取った大きな成果であり、誇りとすべきものと考えます。一方、各種制限、経済停滞の影響を受け、公私に亘り大変厳しい環境下でのご苦労も多かったと思います。当会の活動に於いても、日本ニュージーランド経済人会議の開催延期、日本語補習学校でのコロナウイルス対策、AUT・JSANZ主催日本語スピーチコンテストがインターネット開催となった事等を始め、多くの影響が御座いましたが、皆様のご理解とご支援の下、一定の活動を継続出来ました。

 

状況は改善しておりますが、今後に於いても不安定な環境下での各種運営となることが想定される中、適時適切な活動手段を模索し、ニューノーマルに対応した活動内容・方法を模索して参りたいと思います。昨年のニュージーランド国に於ける総選挙にて新たな体制となり、また、本年はニュージーランド国がホスト国としてAPECが開催される年でもある中、皆様の寛大なるご理解と、ご支援を頂戴することをお願い差し上げる次第です。

ページの上部へ